農学部 生物生産学科(仮称)

2019年4月開設予定〈設置構想中〉

2019年 春

群馬県内の四年制大学で農学部を設置するのは初!

農学は生命の仕組みを理解するだけでなく、種まきから収穫、そして食卓、
さらには健康まで切れ目のない視野をもって利活用する行為を学ぶことである。
本学が立地する群馬県は、利根川水系の豊かな水と全国2番目の日照時間の長さから
全国有数の農業県であり、次世代の担い手やリーダーの育成、ICTの活用、攻めの農業の展開、
安心・安全な食の提供など農学に必要な実学的環境が整ってる。

高崎健康福祉大学農学部概要

1年次

「食」と「農」に関わる一連のサイクル、すなわち食料生産に始まり、食品を消費者へ届け、人々の健康(栄養)に利用されるという流れを、すべて総合して体系的に学ぶための教育課程編成を行う。

2年次以降

2年次から段階的に、「生命科学コース」、「作物園芸コース」、「フードサイエンスコース」、「アグリビジネスコース」の4コースに分かれて、それぞれの専門的な学問体系を学びつつ、コース横断的な科目履修を積極的に推奨して農学の幅広い知識・技能を習得。

生命科学コース

生物生産・食品・健康の一連のサイクルを理解し利用するための
研究・開発に携わる人材の育成を目指す。

生命(生物)に関する知識体系を分子・細胞・組織・個体レベルで
網羅、生物生産学の自然科学的な理論を学ぶ。
さらに遺伝子工学やバイオインフォマティクスなど最新の科学技術を学び、
生物生産学の今後の展開に即応できるだけの素養を身につける。

科目構成

  • 生物化学・分子生物学
  • 人体の構造と機能・栄養生理学
  • 植物生理学
  • 遺伝子工学・細胞学
  • バイオインフォマティクス・システム生物学

作物園芸コース

ICT等先端技術を活用して生産過程の省力化や作物の高品質化など
スマート農業を確立するための研究・開発・技術指導に携わる人材の育成を目指す。

生物生産・食品・健康の一連のサイクルのうち、生物生産からその流通までの
専門性を高めるコースであり、ICT等先端技術を活用して生産過程の省力化や作物の高品質化など
スマート農業を確立するための研究・開発・技術指導に携わる人材の育成を目指す。
基礎となる作物学、園芸学を修得し、さらに栽培管理・育種などの次世代型農業につながる
知識・技能を体系的に学んで、生産現場での指導的立場を担えるだけの力を身につける。

科目構成

  • 作物学
  • 園芸学
  • 植物病理学
  • 栽培管理学・園芸システム制御学
  • 育種学・遺伝育種学

フードサイエンスコース

食品を安心・安全に消費者へ届け、人々の健康(栄養)に利用するための
研究・開発・品質管理に携わる人材の養成を目指す。

生物生産・食品・健康の一連のサイクルのうち、食品に関わる分野の専門性を高めるコースであり、
食品を安心・安全に消費者へ届け、人々の健康(栄養)に利用するための
研究・開発・品質管理に携わる人材の養成を目指す。
食品の安全性・機能性の基礎となる微生物学、食品化学を修得し、その後に食品加工、食の安全、
健康への利活用を指導的に担えるだけの実践的な知識・技能体系を学ぶ。

科目構成

  • 微生物学・乳酸菌の科学・醸造学
  • 食品学
  • 食品加工学
  • 食品安全学
  • 食品機能学

アグリビジネスコース

生物生産・食品・健康の一連のサイクルを、
経営学・経済学・社会学を用いてリードまたはサポートする人材の養成を目指す。

生物生産・食品・健康の一連のサイクルを、経営学・経済学・社会学を用いてリードまたは
サポートする人材の養成を目指す。基礎となる経営学・経済学・政策論を、
特に「食」と「農」の側面から学ぶ。
さらには作物のブランド化、六次産業化といった農学固有の課題に主導的な働きを
担える人材を養成するため、課題解決型の科目群を多く配置する。

科目構成

  • アグリビジネス論・フードマーケティング論
  • 農業経済学
  • 農業政策論・地域政策論
  • 作物ブランド化論

コラム

2017.08.25

最長5年間、毎年150万円支給
農業次世代人材投資金とは?

新規就農される方を対象に、農業を始めてから経営が安定するまで最長5年間、年間最大150万円を交付する制度があります。
必要な要件を全て満たす必要がありますが、市町村が交付窓口となっているので、これから農業を1からスタートさせたい人は詳細な制度の説明を受けてみるのがオススメです。
ちなみに群馬県では「群馬県就農促進方針」という青少年の就農を支援する制度もあります。
支援金だけではなく、各種支援策も受けることができますので、合わせてチェックしてみてくださいね。

2017.08.25

「スマート農業」が群馬の…
いや、日本の農業を救う鍵となる!?

スマート農業とは簡単に言うと、最先端の技術を使い、農業を効率的に行う農業のことです。
実際に収穫用のロボットや農業用のドローンなどを使った農業は計画されていますし、ITを使って室温などを管理する環境制御システムなどは実用化されています。
こうした農業の生産性を上げる取り組みは着実に進んでいて、それらが全て実用化されれば日本の農業のあり方は大きく変わるかもしれません。
これから開設される農学部ではそれらを取り入れた最新の農業を学ぶことができますよ。

2017.08.25

10位圏内に24品目も!
農業統計から見た群馬県の農業

群馬県は24品目が全国出荷量でトップ10に入っています。
その中でも「こんにゃくいも」は全国で1位、キャベツ、ふき、うめ、は全国で2位の出荷量です。
(資料:平成26~27年 群馬農林水産統計年報 関東農政局統計部 平成28年3月 農林水産省)
これらを考えると群馬の農業の重要性が見えてくるのではないでしょうか。

学長からのメッセージ

学園理事長・学長
須藤 賢一(農学博士)

高崎健康福祉大学は2019年4月に農学部を開設する予定で準備を進めております。
食と農は人類の生存と健康の基盤となる重要なテーマですが、いろいろな課題を抱えております。我が国の農業においても就農者の高齢化や後継者不足など深刻な問題に直面しております。しかし、我が国の農産物はその安全性や高品質から海外から高く評価されているのも事実です。

本学農学部では、わが国農業の課題の克服とその優位性を大きな果実に導くためにそのイメージを刷新し、農産物の高品質化・高付加価値化、ブランド化、輸出の増進等を介して就農者が誇りや喜びに満ち、同時に所得向上に寄与して農業の魅力を高める人材の養成と研究開発を目指します。

そのため、生物生産学科を設置してそこに①生命科学、②作物園芸、③フードサイエンス、④アグリビジネスの4コースを設置して種まきから食卓、そして人々の健康まで一連のサイクルを学び、二学年後期から各コースに分かれてそれぞれの専門性を学びます。